ゴルフ 初心者〜目指せシングル〜

ついにゴルフを始めることになったアラフォー初心者のゴルフ練習日記です。ゴルフ練習の成果をコースで発揮できるか?ゴルフスイングやゴルフクラブ、その他のゴルフギアなんかについても書いていこうと思ってます。応援よろしくお願いします!
ゴルフボール
ゴルフボール

ゴルフボール


ゴルフボールにはいろいろな種類がありますが、構造から「糸巻き」「2ピース
3ピース」等に大別されます。


糸巻きボールは3層の構造をもち、中心の芯に糸ゴムを巻き付けて表面にカバーを
被せたものです。

打感が柔らかく、スピンコントロールがしやすいのが特長で、プロや上級者に使用
される傾向にあります。


ツーピースボールは高い反発力を持ったコア(核)とカバーからなる2重構造で、
高い初速と大きな飛距離が特徴です。

ツーピースボールはスピンが少なくラン(転がり)が多くなるため、キャリーと
ランを含めて最終的な飛距離がのびるメリットを持っています。

もっとも最近はソフトな打感が得られる表面素材の開発やスピンがかかりやすい
構造のボールも出てきて(ソフトタイプ、スピンタイプ)、プロや上級者の使用
も増えているようです。    


スリーピースボールはツーピースボールのコア(核)と表面を覆うカバーの間に
ミッド(中間層)を加えて3層構造にしたのものです。

ツーピースボールの弱点だった硬い打感やスピンのコントロール性を高めること
によって、ツーピースボールの飛距離性能と糸巻きボールのソフトな打感、コン
トロール性能を併せ持った特徴を持ちます。

中間層にタングステン配合の樹脂ミッドやラバーミッドを採用したものはメタル
スリーピースボールと呼ばれ、飛距離と直進性に優れます(飛んで曲がらない)。    


ゴルフボールは、今まで書いたように、構造の上から「糸巻き」「2ピース」
「3ピース」等に大別されますが、これはあくまで構造上の分け方で、もともと
構造よりも「曲がりが少なく、距離の出やすい硬めのディスタンス系」と「スピ
ンを重視する軟らかめのコントロール系」といった観点から開発されています。

ゴルフボールを選ぶ際には、自分のヘッドスピードやプレイスタイル、技術レベル
に合ったゴルフボールを見つけることが大切です。



ディンプル

ゴルフボールの表面には無数の小さな凹みがあり、“えくぼ”に似ていることから
「ディンプル」と呼ばれます。

その昔、鳥の羽を詰め込んだ「フェザーボール」から耐久性の高い天然ゴム製の
「ガッタパーチャボール(別名、ガッティボール、ガッティ)」に変遷を遂げた
ゴルフボール。

ガッティが全盛の頃、あるゴルファーが、ボール表面に傷がある方がよく飛ぶこ
とに気がついたことから生まれ、1910年にイギリスのダンロップ社により現
在のようなボールの表面にディンプルをあしらったボールが開発されたそうです。

一般的に、このディンプルは大きく、深く、数が多いほど弾道は低く、飛距離が
増す傾向にあり、逆にディンプルが小さく、浅く、数が少ないほど弾道は高くな
ると考えられています。



ゴルフのボールのサイズ・重さ

ゴルフのボールのサイズは「直径が1.680インチ以上でなければならない」
また重さは「1.620オンス以下でなければならない」と定められています。


参考サイト


JUGEMテーマ:ゴルフ
 
| baffeir | ゴルフの雑学 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
パー (Par )
「ナイス パー!」

ゴルフコースで標準打数のことを 「 パーPar 」 といいますよね。

で、標準打数より1打少ない打数でカップに入れば「バーディ」。

1打多いと「ボギー」って呼びます。

もっと色んなのがありますので、下にまとめました!


標準打数 −3 アルバトロス
標準打数 −2 イーグル
標準打数 −1 バーディ
標準打数 ±0 パー
標準打数 +1 ボギー
標準打数 +2 ダブルボギー
標準打数 +3 トリプルボギー


でも、じつはこの「パー」って言葉は米国で後から使われ出した用語で、
正確には「スタンダード スクラッチ スコア : SSS」 といい、
ゴルフ発祥の地では今でもこの「SSS」が使われていて「パー」なる
言葉はないそうです。

さらに、標準打数(スタンダード スクラッチ スコア:SSS)は本来
コットランドやイギリスで「ボギー」といわれていたようです。

ゴルフが米国に渡り普及していく中で、勘違いから標準打数 +1打を
ボギーというようになったとのこと。

他にもスコットランドやイギリスで使われていない、日本で生まれたゴルフ
の用語も多いようです。

ナイスショット! なんて言わないらしいですよ ^^

JUGEMテーマ:ゴルフ
| baffeir | ゴルフの雑学 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴルフクラブの話
1

ゴルフは専門用語が多くて、上手な方と話していると、何のことを言っている
のか「さっぱり」なんてことが往々にしてあります。

ちょっと調べてみると、ゴルフは14世紀にはすでにスコットランドで盛んに
行われていたと書いてあります。

長い歴史のあるスポーツであるとともに、その歴史の中から現在も使われる
専門用語が多く生まれてきたようです。

ということで、せっかくゴルフをやるからには、ゴルフ用語の生まれた背景
なんかも知ってみたいと思ったりしてます。


まずはゴルフクラブから。。

ゴルフクラブには「ウッド」と「アイアン」、「ウェッジ」、「パター」なん
てものがあります。打ちたい距離や球の弾道に合わせてクラブを変えます。

基本的に番号が小さいほど距離が出て、番号が大きいほど打ったボールは高く
上がり、飛距離は短い。

そして、「ウッド」や「アイアン」、「ウェッジ」にもいっぱい種類があって、
それぞれに名前がついていたりするそうです。


ウッドは、その昔(といっても、そんなに古くはありません^^)クラブの
ボールを打つ部分が木(柿の木「パーシモン:Persimmon」が多かったそう
です)だったために、今でもウッドと呼ばれていて、次のような名前がついて
います。

1番ウッド : ドライバー
2番ウッド : ブラッシー
3番ウッド : スプーン
4番ウッド : バッフィ
5番ウッド : クリーク


また、ドライバー以外のウッドを総称して「フェアウェイウッド」と呼ぶそう
です。

フェアウェイとは、ゴルフコースの真ん中にある道みたいな部分です。

周囲の芝を刈っていないところが「ラフ」といわれるそうです。
つまりフェアウェイで使われるウッドなので「フェアウェイウッド」らしい。
(フェアウェイに行かない私は使う機会がないかも。。^^;)

今では「パーシモンのウッド」を見かけることはまれで、殆どが金属製です。
アルミやチタン、カーボン等の軽くて強い素材に変化しました。
中には航空機やロケットの材料にも使われるようなものまで。。。

(どうりで高いワケだ・・・)


次に「アイアン」。 

これは説明なしです。(そのままなので。。)

1番アイアン : ドライビングアイアン
2番アイアン : ミッドアイアン
3番アイアン : ミッドマッシー
4番アイアン : マッシーアイアン
5番アイアン : マッシー
6番アイアン : スペードマッシー
7番アイアン : マッシーニブリック
8番アイアン : ピッチングニブリック(ロフター)
9番アイアン : ニブリック


「ウェッジ」はアイアンよりも短い距離の時に使うクラブです。
これにもいろいろな種類が。。。

PW : ピッチング ウェッジ
SW : サンド ウエッジ
AW : アプローチ ウェッジ(PS:ピッチングサンドとも)
LW : ロブ ウェッジ
UW : ユーティリティー ウェッジ


最後に「パター」。

グリーンの上で使う(グリーン以外でも使用可)クラブですね。


その他にも「チッパー」とか、ジガーとか呼ばれる特殊なクラブも
あって、もう、何がなんだか・・・^^:



JUGEMテーマ:ゴルフ
| baffeir | ゴルフの雑学 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ ゴルフ上達法
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ スポンサードリンク
+ 人気ブログランキング
+ おすすめコンテンツ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
SEO